JG SIG551

SIGの電動ガンといえばマルイが550,551,552をラインナップ、G&Gも550、551、552、553などをラインナップ、ほかにもICSなど各社SIGを販売しているのですがどのメーカーも売れゆきはイマイチです、残念ながらフィールドで見かける率は低く全体の数%程度でしょう。

東京マルイのSIGシリーズは20年前の設計なのでさすがに旧さは隠し切れない感じであります、フレーム強度の弱さとグリップしたときのぎしぎし音が残念であります。
今からSIGを買うならG&Gがお勧めです。
少々お高いのですがICSの物より作動音が静かであります、ICSのSIGはマルイと同じでグリップしたときのぎしぎしが少し気になります、その点でもG&Gは最高であります。

今日作業するのはICSでもG&GでもなくJG製品のSIG551です。
中華製品でありますがメタルフレームにRASがついていて珍しいので買ってみました。
一見重そうですがG&G製品と比べても重さは感じません。

チャージングハンドルは軽快にブローバックします。
動きもスムーズで気持ちいい

チャンバーはマルイのSIGと同じ形状です。
全然悪くないのでパッキンだけ換えればよい。

メカボとモーターマウントを連結している所はがネジではなくピンでびっくり、珍しい。
しかしピンでも全然問題はないと思います。

中は汚かったですー
このグリスは中国製の定番です、グリスが原因のトラブルなど聞いたことありませんが見た目が悪いので掃除しておきます。

バッテリはRASハンドガードの上部に装着します。
AKタイプのリポが入りそうです。

そんな訳で、JGのSIGですが、今回は初速アップと0.25g仕様にしたかったのでインナーバレルを200mmに替えました。
あとホップパッキンはマルイ純正を使います。
作動音も静かでレスポンスもよく使いやすくていい銃です。
特にブローバックは快調であります、ストックとグリップ以外はほぼメタルなので剛性感はすごいです、このSIGつかったらマルイのSIGでは物足らなくなります。
JG製品も昔はひどいものが多かったのですが、このSIGに限っていえばいい出来です買う価値はあると思います。

0.25gで普通にまっすぐ飛びます。
JGの刻印は入ってしまいますが、ちょっと変わったSIGを狙うならお勧めの1丁でございます。
マガジンは220連です、ちょっと物足らない方はロングの400発くらい入るものが出ているのでそれを買うといいでしょう。

SIGはスイスの銃ですがスイス陸軍の迷彩服は日本ではまったく迷彩効果はありません、どんな銃にも合うと思うのでもっと売れるといいと思います、ただしマガジンポーチだけは入手しにくいのですがM4系のポーチは使えないのでG36用とかを代用して使うと良いと思います。


G&G  SIG550

G&GのSIGです。

G&GはSIGを551.552.553とラインナップしていますが外装の出来具合は非常にいいですし、メカボックスの作りも抜群です。

今回は基本調整します。
とは言ってもG&G製品は元々の出来具合が良いのでスプリング変えて初速を上げてグリス塗り替えする位です。

SIG550はインナーバレルはかなり長いのでロングレンジに適しません、今回はM4用のインナーバレルを組み込みします。
インナーバレルを短くしたことで飛距離、命中精度ともに良くなりました。
単純にスプリング交換とバトンのスリックパッキンを交換しただけのライトチューンですが飛距離は50m以上は楽に飛びます、このあたりG&Gの基本性能は高さが表れています。

持った感想は若干フロントヘビーです、さらにバッテリーはフロントハンドガード内ですのでバランスはかなり前よりになります。
バイポットが標準装備です、このバイポッドをつけると更にフロントヘビーになり使いにくいのでゲーム中はこのバイポッドは取った方がいいかも知れません。
バッテリーはフロントハンドガード内にAKバッテリーが入ります、このバッテリーのセットは非常に面倒くさくてゲーム中にちょこっとブッシュに隠れて替えるなんてことは出来ないです、これは非常に残念です。

私は買うなら552か553がいいと思います、この551はフロントが長い分仕方ないのですが重量バランスが前よりすぎてちょっと疲れそうです。

(2014.7.28投稿)